ニュース

前回メダル12個の柔道、アテネ大会並みの金メダルラッシュに期待

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全日本柔道連盟は今年度の事業計画に「金メダル8個を含む全階級でのメダル獲得を目標」と盛り込んだ。2016年リオデジャネイロ大会は金3、銀1、銅8の計12個。57年ぶりに日本武道館で行われる五輪で、金8個を獲得した04年アテネ大会に匹敵する金メダルラッシュが期待される。

トップバッター渡名喜風南に期待

連覇を狙う大野将平
連覇を狙う大野将平

 リオ大会も指揮を執った男子の井上康生監督は「選手は皆、金メダルを目指して戦う覚悟を持っている。彼らの力を信じて戦う」と力を込める。

 1964年の東京大会無差別で金メダルを逃した日本柔道界にとって、2008年北京大会の石井慧以来3大会ぶりとなる最重量級での金奪還は悲願だ。100キロ超級3連覇を目指すテディ・リネール(仏)らを相手に、リオ銀の原沢久喜(百五銀行)が重大な責任を担うが、リオ当時の勢いがないのが気がかり。井上監督は「内股が軸になるが、その他の技をどれだけ出していけるか」と指摘する。

 リオでは73キロ級金の大野将平(旭化成)ら個人戦全階級でメダルを確保したが、60キロ級の高藤直寿(パーク24)、81キロ級の永瀬貴規(旭化成)ら、優勝候補が金を逃した。井上監督は「5年前は少し 萎縮いしゅく させてしまった」と反省し、「苦しくなった時ほど、どれだけ強気になれるか」。全柔連科学研究部が試合映像などを編集したビデオも積極的に活用。選手は移動などに制約がある選手村には原則入らず、調整に徹する。

先陣として期待がかかる渡名喜風南(左)
先陣として期待がかかる渡名喜風南(左)

 一方、女子の増地克之監督は金メダル数について「最低3個は取りたい」と語り、「初日で金メダルを取ると取らないでは次の日の流れに影響する」と、トップバッターの48キロ級・渡名喜風南(パーク24)に期待を寄せる。

阿部詩・一二三、きょうだい同日金メダルに注目

きょうだい同日金メダルを目標に掲げる阿部一二三(右)と詩
きょうだい同日金メダルを目標に掲げる阿部一二三(右)と詩

 2日目に登場する52キロ級の阿部詩(日体大)は、男子66キロ級の兄、一二三(パーク24)とのきょうだい同日金メダルに注目が集まる。

 新種目の混合団体は世界選手権4連覇中で、優勝は使命。井上監督は「国の威信をかけ、チーム一丸となって戦う」と話す。

 リオ五輪後の世界選手権4大会で、混合団体を含めた日本の金メダルは27個(平均6・75個)。海外勢の壁は高いが、地の利を生かせば不可能ではない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230530 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 10:03:00 2021/07/24 12:35:16 柔道・世界選手権東京大会最終日。日本4―2フランス。男女混合団体決勝でフランス選手(下)に一本勝ちした大野将平。日本武道館で。2019年9月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース