ニュース

ミーガン・ラピノー(サッカー・アメリカ代表)…性別の壁破る行動派

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年、米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。ピッチの中でも外でも、際立った注目を浴びている。

差別撲滅運動にも尽力するラピノー=USAトゥデー
差別撲滅運動にも尽力するラピノー=USAトゥデー

 自らがレズビアンであると公表し、性別や人種間の平等を求め、時には歯に きぬ 着せぬ発言も辞さない。2019年に女子代表選手の待遇改善を求めて仲間たちと米連盟を提訴し、米メディアでのインタビューで、「男子と同額の報酬を得るために倍くらい試合をこなし、好結果を収めないといけない。これこそが待遇の不平等と性差別の核心だ」と言った。

 ピッチ上ではカラフルな髪を揺らし、多彩なキックを操る。米国が2連覇を成し遂げた19年女子ワールドカップ(W杯)では大会得点王と最優秀選手に輝く大活躍。国際サッカー連盟(FIFA)により18~19年シーズンの女子最優秀選手にも選ばれた。

 望みうるほぼ全てを手中にしてきたが、16年リオデジャネイロ五輪は準々決勝でスウェーデンに屈し、8強にとどまった。「大災害の後の日本が勝つという素晴らしい物語のあった11年W杯決勝の敗戦とは、全く違う感情を抱く大失敗だった。今は、東京に向かえることに興奮している」。2大会ぶりの金メダルを渇望している。

無断転載・複製を禁じます
2224605 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/21 16:00:00 2021/07/21 16:00:00 差別撲滅運動にも尽力するラピノー=USAトゥデーJul 5, 2021; East Hartford, Connecticut, USA; USA forward Megan Rapinoe (15) reacts to the crowd during the send-off celebration after defeating Mexico during a USWNT Send-off Series soccer match at Pratt & Whitney Stadium. USA defeated Mexico 4-0. Mandatory Credit: David Butler II-USA TODAY Sports https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース