ニュース

内村「選手村が東京にあること不思議」、桃田「感謝の気持ち」…メダル候補たちが選手村入り

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の開幕5日前となった18日、日本選手団の東京・晴海の選手村入りが本格化し、メダル獲得が期待される選手たちが続々と入村した。

質問に答える内村航平(18日)=代表撮影
質問に答える内村航平(18日)=代表撮影
質問に答える村上茉愛(18日)=代表撮影
質問に答える村上茉愛(18日)=代表撮影

 体操男女代表も同日、選手村に入り、オンラインで記者会見した。男子種目別鉄棒の金メダルを目指す内村航平(ジョイカル)は、4度目の五輪に向け、「過去3大会と違って選手村が東京の街にあることはすごく不思議に思う。いつも通りを心がけ、自分を保って頑張りたい」と述べた。

 連覇がかかる男子団体総合に向けては、19歳の橋本大輝(順大)が「決勝では多くの種目を任されると思う。自分の役割ができるように技を確認していきたい」と意気込みを語った。

 女子のエース村上 茉愛まい (日体ク)は、「今はワクワクして、早く試合をしたい思いが強い。悔いなく五輪を終われることが一番」と話した。

 体操は24日から競技が始まり、種目別決勝の最終日となる8月3日まで行われる。水鳥寿思・男子監督は、内村が予選を通過した場合、決勝まで間隔が空くため、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)を活用して調整する方針を明らかにした。

質問に答える桃田賢斗(後方は常山幹太)(18日)=代表撮影
質問に答える桃田賢斗(後方は常山幹太)(18日)=代表撮影

 バドミントン日本代表も18日、オンラインで入村記者会見に臨み、男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は、「たくさんの方のおかげでこの大会が開催されると思っている。自分一人ではここまで来ることができなかったので、感謝の気持ちを持ってプレーしたい」と、初の五輪に挑む心境を語った。

 女子シングルスでリオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望(太陽ホールディングス)は「1年延期になり、特別な時間をもらえた。その時間でプラスにできたことをしっかり伝えていけたら」と話した。

 日本代表は19日から本番会場での公式練習に臨み、24日からの競技に備える。

無断転載・複製を禁じます
2216754 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/18 21:59:00 2021/07/18 22:08:15 <日本代表選手団入村記者会見>質問に答える内村航平(代表撮影)=18日、都内のホテル https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース