ニュース

小山田圭吾さんがいじめ語った記事、掲載誌編集長が「間違った行為」と謝罪

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の開会式で音楽を担当するミュージシャンの小山田圭吾さん(52)が、過去のインタビュー記事で学生時代のいじめ行為について語っていた問題で、記事を1994年1月号に掲載したロッキング・オン・ジャパンの山崎洋一郎編集長は18日、公式サイトで声明を出し、謝罪した。

 同編集長は掲載誌が出た当時、自分が小山田さんのインタビューを行ったとし、「インタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や 真摯(しんし) さに欠ける間違った行為である」と記した。そして「傷つけてしまった被害者の方およびご家族の皆様、記事を目にされて不快な思いをされた方々に深くお () び申し上げます」と謝罪した。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2216596 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/18 21:29:00 2021/07/19 12:46:30

「開会式」のニュース

オリンピック 新着ニュース