ニュース

もって1、2日「長持ちしないのが逆に味」…ビーチに五輪エンブレム

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪セーリング会場の江の島を望む神奈川県藤沢市の片瀬東浜海水浴場に18日、幅5メートル、奥行き8メートルの大会エンブレムのサンドアートが登場した。約17時間かけて作った大作だが保存作業はせず、「風で壊れるので、もって1、2日」だという。

完成した東京五輪エンブレムのサンドアート(神奈川県藤沢市の片瀬東浜海水浴場で)
完成した東京五輪エンブレムのサンドアート(神奈川県藤沢市の片瀬東浜海水浴場で)

 制作したのは、地元のサンドアートグループ「江ノ島イルカ部」。代表の大和市、自営業草薙徹さん(59)が数年前から、片瀬西浜で砂にイルカなどを描いていたところ、SNSなどで輪が広がり、今では小学生から70歳代までの約20人が毎週参加している。

 五輪期間中、この海岸でセーリングのパブリックビューイング(PV)を開く際、傍らで連日制作する予定だった。コロナ禍でPVは中止になったが、代わりに県などから声がかかり、この日のお披露目となった。

 天候などの影響でぶっつけ本番となったが、前日朝から約15人がかりで18日午後2時半に完成。市松模様が特に難しかったという。草薙さんは「サンドアートは無心になれ、長持ちしないのが逆に味。多くのイベントが中止となる中、我々は奇跡的にできた。熱い思いを込めて作った」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2217310 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/19 06:37:00 2021/07/19 06:37:00 完成した東京五輪エンブレムのサンドアート(18日午後2時37分、藤沢市の片瀬東浜海水浴場で)=津村浩撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「セーリング」のニュース

オリンピック 新着ニュース