ニュース

ローマ五輪競泳の銅メダリスト「池江選手の頑張り、応援したい」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トーチを手に笑顔を見せる竹宇治さん=代表撮影
トーチを手に笑顔を見せる竹宇治さん=代表撮影

 「街を走れなかったのは残念だが、トーチを持ち帰り、水泳を教えているぜんそくの子どもたちや水泳仲間にも見せたい」。1960年ローマ五輪の競泳で銅メダルを獲得した竹宇治(旧姓・田中)聡子さんは、しっかりと握ったトーチで次のランナーに炎を渡し、笑顔を見せた。

 第一線を退いてからはマスターズ大会でも活躍し、大人向けの水泳教室を開いているほか、ぜんそくの子どもにも水泳指導を続けている。白血病から復帰して日本代表入りした池江璃花子選手の姿には、同じ水泳競技の仲間として心を揺さぶられた。「1年でこの復活はすごい。池江選手の頑張る姿に感動し、応援したい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2220131 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/20 09:31:00 2021/07/20 10:17:22 1100301 竹宇治聰子 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210719-OYT8I50088-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース