ニュース

所在不明だったウガンダ選手見つかる…名古屋で知人と合流、岐阜→三重と移動

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

成田空港に到着したウガンダ選手団(6月19日)
成田空港に到着したウガンダ選手団(6月19日)

 東京五輪の事前合宿で滞在中の大阪府泉佐野市から所在不明になっていたウガンダ代表選手団のメンバーで、重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)が20日午後、三重県四日市市内で見つかった。府警は、セチトレコ選手を東京都内にいる選手団に送り届ける方向で調整している。

 府警などによると、セチトレコ選手は16日、ホテルの部屋に「日本で仕事をしたい。ウガンダには戻らない」とのメモを残し、ホテル近くのJR熊取駅(大阪府熊取町)で電車に乗車。新大阪駅から新幹線に乗り換えて名古屋駅で降車後、知人のウガンダ人男性と合流して岐阜県内に移動した。府警がこのウガンダ人男性から事情を聞いたところ、三重県内の別の男性の元に送り届けていたことが判明。20日午後、同県四日市市内でこの男性といるのを見つけたという。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2222427 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/20 20:50:00 2021/07/21 07:33:46 新型コロナウイルスの入国時PCR検査で陽性となったメンバーがいた、東京五輪のウガンダ代表選手団。大阪府泉佐野市での事前合宿のため来日し、成田空港に到着した。千葉県成田市で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「重量挙げ」のニュース

オリンピック 新着ニュース