ニュース

絵本作家のぶみさん、五輪文化プログラムへの出演辞退…腐った牛乳を教師に飲ませるなど不適切な言動

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は20日、文化プログラムの「東京2020 NIPPONフェスティバル」に出演予定だった絵本作家・のぶみさんについて、「SNSなどでお騒がせしている件について、ご迷惑をおかけしているため辞退されたいとの報告があった」などとし、出演辞退を受け入れたと明らかにした。前日に五輪とパラの開会式の楽曲制作を担当していた小山田圭吾さんが辞任したばかりで、2日連続で五輪行事の担当者が退く事態となった。

絵本作家・のぶみさん(2016年10月13日撮影)
絵本作家・のぶみさん(2016年10月13日撮影)

 これまで多くの絵本を手掛けてきたのぶみさんは、自伝の中で、中学生の頃に腐った牛乳を担任教師に飲ませたり、専門学校時代に授業のやり方に腹を立て、「今度会ったら殺すぞ、テメェ!!」と女性教員を 恫喝どうかつ したりしたことなどを書き、批判されていた。自身のSNSでも、先天性疾患を持つ子供や親に対する不適切な発言をしたとして、問題視されていた。

 また組織委の橋本聖子会長は同日の東京都内での記者会見で、小山田さんの辞任について、「責任は私にある。多くの心を痛めた方々におわびをしたい」と陳謝した。橋本氏は、小山田さんが過去の雑誌インタビューで自身が学生時代にいじめ行為を行ったと語ったことについて「しっかりとチェックをしていなかった。多様性と調和という、東京大会で発信していかないといけないコンセプトから外れている」とも述べた。

無断転載・複製を禁じます
2222607 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/20 21:39:00 2021/07/21 19:14:52 絵本作家・のぶみさん。2016年10月13日撮影。2017年3月11日夕刊「[いちまいの絵本]「あたし、絵本作家になりたい!」 作・のぶみ」掲載。1978年、東京都生まれ。「ぼく、仮面ライダーになる!」や、「しんかんくん うちにくる」などを発表。「ママがおばけになっちゃった!」シリーズは累計55万部を超えるベストセラーに。ほかにも、NHKのEテレで「よわむしモンスターズ」のアニメーションを担当するなど、幅広く活躍している。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「組織委」のニュース

オリンピック 新着ニュース