ニュース

「ソフトボールのまち」高崎でPV、白星発進に大きな拍手…「声出さず」応援をルールに

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

パブリックビューイングの会場で、日本の初戦白星を喜ぶ人たち(21日午前、群馬県高崎市で)=谷所みさき撮影
パブリックビューイングの会場で、日本の初戦白星を喜ぶ人たち(21日午前、群馬県高崎市で)=谷所みさき撮影

 ソフトボール日本代表の主力選手らの本拠地となっている群馬県高崎市で21日、初戦のパブリックビューイング(PV)が行われ、会場の高崎芸術劇場に集まったファンら約30人が好プレーに大きな拍手を送った。

 同市は日本リーグ1部のビックカメラ高崎と太陽誘電の地元で、日本代表の上野由岐子投手ら8人が活躍する。日本の白星発進に、同市の中学校ソフトボール部で投手を務める女子生徒(14)は、「相手に先制を許しても動じず、立て直した上野選手はすごい」と興奮気味だった。

 PVは、「ソフトボールのまち」を盛り上げようと市が企画。新型コロナウイルス対策で座席の間隔を空け、声を出さない応援をルールとした。県ソフトボール協会の村木幸与事務局長(65)は「高崎で磨いた技術を思う存分発揮し、金メダルを取ってほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2224123 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/21 12:59:00 2021/07/21 12:59:00 日本代表の勝利が決まり、日の丸を振って喜ぶパブリックビューイングの観衆(21日午前、群馬県高崎市で)=谷所みさき撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210721-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース