ニュース

開会式は晴れ時々曇り予報、期間中は厳しい暑さに…マラソン開催日の札幌は30度超の恐れ

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の期間中は、厳しい暑さとなりそうだ。開会式の23日は晴れ時々曇りの予報で、日中に航空自衛隊のブルーインパルスが描く五輪マークがみられそう。週明けの26、27日頃は発達した熱帯低気圧の影響で大雨になる恐れもある。

 気象庁によると、8月8日までの期間中、東京都内はおおむね晴れか曇りで、真夏日が続く見込み。マラソンや競歩会場の札幌市は開催日の8月5~8日、30度を超える暑さになる恐れがあるという。

 23日の開会式当日は晴れ時々曇りで降水確率は20%と見込まれている。

 1964年大会の開会式は、雲一つない晴天となり、航空自衛隊の曲技飛行隊「ブルーインパルス」が描く「五輪マーク」は、大会を象徴するシーンになった。今大会でも開会式前の日中に披露されることになっている。

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の西潟政宣・気象情報センター長は「コロナ禍で曇り空のような状況ではあるが、開会式を晴れやかに迎えてスタートを切りたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
2225288 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/21 19:38:00 2021/07/21 23:56:20

「マラソン」のニュース

オリンピック 新着ニュース