ニュース

初戦ドローの高倉監督「一番高いところに向かっていきたい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日のカナダとの初戦をドローで終えたサッカー日本女子代表の高倉麻子監督は「初戦なので非常に難しかった。前半は失点したくなかったが、追いかける形になって少し重い、苦しい感じもあった」と振り返った。

 「人の距離を調整しよう」と後半入りしたことで、自分たちのリズムで出来る時間が増えた。エースの岩渕の同点ゴールには「あのワンチャンスで決めきってくれたということは非常に頼もしい」とたたえた。

 苦しいなかでもつかんだ勝ち点1。「プラスにとらえて次に進んでいきたい」と話し、「一番高いところに向かっていきたいと思うが、本当に難しい試合になると思うので、一戦一戦精いっぱい戦っていきたい」と気を引き締めた。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2225655 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/21 21:55:00 2021/07/21 21:55:00

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース