ニュース

剛腕アボット「文化や生活が気に入った」…2009年からトヨタ自動車でプレー

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

カナダを完封し喜ぶモニカ・アボット(中央)(22日、福島県営あづま球場で)
カナダを完封し喜ぶモニカ・アボット(中央)(22日、福島県営あづま球場で)

 22日に行われた東京五輪のソフトボール1次リーグ米国―カナダ戦で、日本でもおなじみの米国の35歳モニカ・アボットが被安打1で完封した。五回まで無安打投球。六回の無死からこの日2つめの四球を許した後、右中間に二塁打を浴び、惜しくもノーヒットノーランは逃したが、中継プレーで一塁走者が本塁でアウト。後続を抑えた。

 日本が金メダルを獲得した北京五輪でも大活躍した身長1メートル89の大型左腕。2009年からトヨタ自動車に所属し、「文化や生活が気に入った」と現在まで所属し、MVPに4度選出されている。

 長身を生かしたダイナミックなフォームから繰り出す剛速球が武器で、この日も21日の初戦でメキシコを4―0で下したカナダ打線を封じた。

 ソフトボールは5歳で始めた。趣味はインスタ、寝ること、ショッピング。日本にとっても大きな壁となる。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2226690 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/22 11:25:00 2021/07/22 11:35:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース