ニュース

ソフト代表の激戦にアスリートらがツイート…Jリーガー「手に汗握りすぎる」 

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトボール代表は22日、メキシコと対戦し、タイブレイクの末、3―2で勝利した。ツイッターでは、アスリートらがパブリック・ビューイングさながらに熱戦を見守った。

 試合は一進一退の行き詰まる展開。2018年の平昌五輪に出場したスピードスケートのショートトラックで活躍する渡辺啓太選手は「手に汗握りすぎる…」と熱視線。イラストレーターの326(ミツル)さんは「昨日の女子サッカーといいいまやってるソフトボールといい熱戦続き!」とツイートした。

日本ーメキシコ 延長8回、サヨナラ勝ちを決め、大喜びする日本の選手たち
日本ーメキシコ 延長8回、サヨナラ勝ちを決め、大喜びする日本の選手たち

 延長戦に入ると、サッカーJ2・ブラウブリッツ秋田の増田繁人選手は「ソフトボール熱い!!!!!!!!!ぴりぴりした延長戦たまらん!!」と「!」を11個もつける大興奮ぶりで試合を見守った。

 八回裏に日本が1点をもぎとり、勝利を決めるとソフトボール代表の連勝にわいた。サッカー好きのタレント、川平慈英さんは「日本ソフトボール、素晴らしい!あのダブルピンチからの。涙ちょちょきれてます」(原文ママ)と“カビラ節”で祝福した。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2227111 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/22 15:07:00 2021/07/22 16:22:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース