ニュース

連勝スタートの宇津木監督、後藤は「やってやるという気持ちがすごくある」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪開幕に先立ち競技が始まったソフトボールの1次リーグで22日、メキシコに競り勝った日本代表。宇津木麗華監督は七回途中、同点に追いつかれた直後に登板し好救援を見せた後藤 希友(みう) (20)(トヨタ自動車)について「ゲームの緊張感より、やってやるという気持ちがすごくあるので、そこが彼女の今日一番良かったところ」とたたえた。

 福島での2試合を連勝で飾り、23日の五輪開会式をはさんで、24日からは横浜スタジアムでの連戦が待つ。「(連勝で)昨日と同じように一安心した。(今回の五輪は)負けたら決勝に行けないという緊張感が特別あるので本当に良かったと思う」と力を込めた。

無断転載・複製を禁じます
2227120 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/22 15:21:00 2021/07/22 15:44:50

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース