ニュース

スケートボード・岡本碧優は世界ランク1位、多彩な技が大きな武器

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スケートボード・岡本 碧優(みすぐ) は世界ランキング1位。若き優勝候補として大舞台に臨む。

 愛知県高浜市出身。兄の影響で8歳から競技を始めた。スケートボード一家で知られる男子トップスケーターの笹岡建介(MKグループ)の岐阜市の実家に下宿しながら指導を受け、力を伸ばした。

 飛躍を遂げたのは2019年。3月の日本オープンを12歳で制すると、その後の国際大会でも勝利を重ね、9月には世界選手権のタイトルを獲得した。小柄な体から繰り出す多彩な技が大きな武器。空中で1回転半する大技「540」は完成度が高く、大きな得点源としている。

 意気揚々と五輪を迎えるはずだったが、1年延期になり、国際大会の中止も相次いだ。「身近な目標もなくなり、競技へのモチベーションが下がり、思うように練習に取り組めなかった」と、久しぶりの大会だった今年5月の「デュー・ツアー」は3位にとどまった。

 世界ランク2位で最大のライバル 四十住よそずみ さくら(ベンヌ)が「540」を決めて優勝したことで、闘争心に火が付いた。「悔しい気持ちを(レベルアップに)生かして、短い期間で頑張りたい」。間近に迫る本番で、最高の演技を見せる決意だ。

豪快トリック競演

 スケートボードは「ストリート」と「パーク」の2種目があり、ストリートは街の中にある階段や公園のベンチ、手すりなどをイメージしたセクション(構造物)を設置したコースを使う。パークはおわんを複数組み合わせたような複雑なコースを舞台にして滑る。

 どちらも技の難度や速さ、全体の構成、独創性などを競うが、ストリートは、板を様々な方向に回転させながらのジャンプやレールスライドなど技の応酬が見所だ。一方、パークはスノーボードのハーフパイプのように、傾斜を利用して空中に飛び出す豪快なエア・トリックの競演が見られる。

スクラップは会員限定です

使い方
2232471 0 東京オリンピック 2021/07/25 09:33:00 2021/07/25 10:20:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケートボード」のニュース

オリンピック 新着ニュース