ニュース

巨人・原監督、スイングのポーズも披露…誕生日に聖火リレーの点火セレモニー

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督(63)が22日、都内で14日目を迎えた東京五輪聖火リレーの点火セレモニーに参加した。

聖火リレーの点火セレモニーに参加した巨人の原監督
聖火リレーの点火セレモニーに参加した巨人の原監督

 原監督は港区立芝公園の特設ステージで、ほかの走者と笑顔でトーチを交わし、「金メダルまで届け」との願いを込めてスイングのポーズも披露。ちょうど63歳の誕生日だったこともあり、「非常に記念になる一日になった」と振り返った。大会に参加する日本選手に「最高の舞台でベストを尽くし、金メダルをたくさん取れるように、尊敬と羨望のまなざしで声援を送ります」とエールを送った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
2227403 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/22 18:29:00 2021/07/22 18:29:00 1130101 原辰徳 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース