ニュース

小池知事「ステイホーム五輪を」…「困難乗り越えレガシーに」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の開幕を前に、開催都市トップの小池百合子・東京都知事が22日、読売新聞のインタビューに応じた。新型コロナウイルスの感染が世界的に広がる中での大会を「一つの挑戦だ。希望の光となった聖火が、聖火台に 灯るとも ことに大きな意味がある」と語った。

東京五輪について語る小池都知事(22日午後、東京都新宿区で)
東京五輪について語る小池都知事(22日午後、東京都新宿区で)

 小池知事はコロナ禍で開く五輪について「都民、国民、そして世界から来るアスリートにとって安全安心な大会にしていくことを優先する」と強調した。その上で、「困難を乗り越え、みなで成功に導くことが最大のレガシー(遺産)だ。東京五輪は忘れ得ぬ大会になる」と述べた。大会を機に、コロナ禍からの「サステナブル・リカバリー(持続可能な回復)」を目指すとし、「世界がそう変わっていくきっかけになれば」と期待した。

 開催に伴う感染拡大への懸念については「五輪の問題とは別だ」との認識を示し、大会に関係する感染者の多くが国内の人だと指摘。海外から訪れる人への水際対策に加え、国内での感染拡大を抑えることも重要だとし、「国内のワクチン接種を進める方がより現実的だ」と訴えた。さらに、「家にいて、テレビで大会を観戦してもらうことで人流を抑えられる」と述べ、都民らに対し感染防止のため「ステイホーム五輪」を呼びかけた。

 都内の競技は無観客での開催が決まっているが、都や政府、国際オリンピック委員会(IOC)などは、感染状況次第で対応を再協議することで合意している。小池知事は「子供たちが競技を直接見る機会があれば良いなと、心から思う」と話し、そのためにもコロナ対策に注力するとの決意を示した。特に、五輪閉幕後に開催形態が決まるパラリンピックでは「いろいろな困難を乗り越えて挑戦する選手の姿が感動をもたらす」と語り、子供たちの観戦実現に意欲をみせた。

無断転載・複製を禁じます
2228211 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/23 05:00:00 2021/07/23 06:12:32 東京五輪について語る小池百合子知事(22日午後2時53分、東京都新宿区で)=木田諒一朗撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース