ニュース

五輪ボート、日本勢25年ぶり出場の荒川龍太が準々決勝へ…残り500mからスパートし2位

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のボートは23日、各種目の予選が行われ、男子シングルスカルの荒川龍太(NTT東日本)が準々決勝に進出した。

男子シングルスカル、この組2位で予選を通過した荒川龍太(23日、海の森水上競技場で)
男子シングルスカル、この組2位で予選を通過した荒川龍太(23日、海の森水上競技場で)

 体重制限がない同種目で日本勢25年ぶりの出場を果たした荒川は、最終6組に登場。各組上位3人が準々決勝に進むレースで、前半からエジプト選手との激しい2位争いを展開した。残り500メートルを切ってスパートを仕掛け、最後は0秒65差をつけて2位に入った。

 これまで日本勢の主戦場だった軽量級種目が24年パリ大会を最後に外れる見通しとなり、今後は体重制限がないオープン種目の強化が急務となる中、「自分が第一走者として頑張っていきたい」と語る26歳が好スタートを切った。準々決勝は26日に予定されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2228578 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/23 10:21:00 2021/07/23 12:34:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボート」のニュース

オリンピック 新着ニュース