ニュース

大坂なおみ選手、2か月前にうつの症状明かす…ウィンブルドンは欠場

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

聖火台に点灯した大坂なおみ選手(23日午後11時48分、国立競技場で=伊藤紘二撮影)
聖火台に点灯した大坂なおみ選手(23日午後11時48分、国立競技場で=伊藤紘二撮影)

 東京五輪に出場する女子テニスの大坂なおみ選手が、23日の開会式で聖火最終ランナーを務め、聖火台への点火を行った。開会式の最後、東日本大震災の被災3県出身の子供たちから聖火を引き継いだ大坂選手は、富士山の頂上に現れた「太陽」を表現する聖火台に点火した。

 今年に入って、自身がうつの症状であることを公表していた大坂選手は、6~7月のウィンブルドン選手権を欠場したが、東京五輪への出場に向けて調整を行ってきた。

大坂選手をめぐる最近の動き

 2月20日 全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝

 3月31日 マイアミ・オープン準々決勝で敗れ、2020年8月からの公式戦連勝(棄権による不戦敗や不戦勝を除く)が「23」で止まる

 5月27日 全仏オープンでは記者会見に応じない意向を自身のツイッターで表明。敗退後でも出席しなければいけない記者会見は「選手の心の健康を無視している」と批判

 5月30日 全仏1回戦で勝利後の記者会見を拒否。大会側は罰金1万5000ドルを課す

 5月31日 全仏オープン主催者が大坂選手の大会棄権を発表。大坂選手もこれに先立って自身のツイッターを更新して、四大大会で初優勝した2018年全米オープン以降、うつの症状に苦しんでいることを明かし、「しばらくコートから離れようと思う」

 6月17日 大坂選手のマネジメント会社が、ウィンブルドン選手権を欠場し、東京五輪に出場する意向であることを明らかに

 6月24日 パナソニックが大坂選手とブランドアンバサダー契約を結んだと発表

 7月8日 大坂選手が米タイム誌(電子版)に寄せた手記が公開され、「記者会見の病欠制度を」などと主張

 7月23日 東京オリンピック開会式で聖火最終ランナーを務める

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230039 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 00:10:00 2021/07/24 00:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50162-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「テニス」のニュース

オリンピック 新着ニュース