ニュース

池江璃花子「これは自分の運命、結果に結びつけられたら」…競泳リレーきょうから予選

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 メダルラッシュが期待される注目競技は24日に予選がスタートする。白血病から復帰した池江璃花子(ルネサンス)も、同日の女子400メートルリレー予選にエントリー。苦難を乗り越え、「1年前では考えられなかった」という舞台に立つ。

24日の女子400メートルリレー予選に登場する池江
24日の女子400メートルリレー予選に登場する池江

 昨年8月、約1年7か月ぶりに実戦復帰。その後は体力の回復に合わせて練習量を調整しながら力を戻し、代表選考を兼ねた4月の日本選手権で4冠を達成した。今大会はリレーで最大3種目に出場する。

 2020年の7月23日は一人、国立競技場のフィールドに立っていた。開幕1年前イベントで、純白の衣装に身を包み、世界中の人々に語りかけた。

 「私もこの大会に出るのが夢でした。もう一度プールに戻りたい。その一心でつらい治療を乗り越えることができました。希望が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくても前を向いて頑張れる」

 1年後、世界から、それぞれの困難と戦ってきた選手たちが東京に集結した。池江自身も入院中、主治医にもらった「トンネルには必ず出口がある」という言葉を何度も思い出し、ここまでたどり着いた。「これは自分の運命。リレーで力を発揮し、結果に結びつけられたら」。トンネルの先に待っていたのは、諦めていたはずの大舞台。奇跡のストーリーが再び幕を開ける。(工藤圭太)

瀬戸 前半リードカギ…あす400メドレー決勝

 男女を通じて全種目で最初に決勝が行われるのが、25日午前の男子400メートル個人メドレー。瀬戸大也(TEAM DAIYA)が、競泳の金メダル第1号に挑む。

 ライバルはチェース・ケイリシュ(米)。瀬戸は、リオデジャネイロ五輪銅で今季の自己ベストが4分9秒02。ケイリシュはリオ五輪銀で、今季は4分9秒09と実力差は小さい。ケイリシュは3泳法目の平泳ぎを得意としており、瀬戸が前半で大量リードを奪えるかがポイントになる。

 ハイレベルな争いが予想されるのが、同200メートル平泳ぎ。佐藤翔馬(東京SC)と世界記録保持者のアントン・チュプコフ(ロシア・オリンピック委員会=ROC)の一騎打ちの様相だったが、6月にアイザック・スタブルティ―クック(豪)が世界歴代2位の2分6秒28をたたき出した。強敵は多いが、初出場の佐藤は「(相手を)気にせずに、自分に集中してやりたい」と語る。

 同200メートル自由形の松元克央(セントラルスポーツ)は、今季の世界ランキング3位で、挑戦者の立場で臨む。同200メートルバタフライの本多 ともる (ATSC・YW)は、泳ぐたびに記録を伸ばし、日本代表で最も勢いがある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230204 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 05:00:00 2021/07/24 07:03:33 女子50メートル自由形準決勝に笑顔を見せて臨む池江璃花子(9日、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース