ニュース

「この一体感は、パンデミックの暗いトンネルの終わりにある光」…バッハ会長あいさつ全文

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)会長のあいさつ全文

スピーチするIOCのバッハ会長(23日午後11時3分、国立競技場で)=原田拓未撮影
スピーチするIOCのバッハ会長(23日午後11時3分、国立競技場で)=原田拓未撮影

 東京2020オリンピック競技大会へようこそ。

 今日という日は希望の瞬間です。そうです、私たちが想像していたものとはまったく異なっています。私たちが今ここに集っている、この瞬間を大切にしましょう。205の各国・地域のオリンピック委員会と難民選手団は、皆、選手村の一つ屋根の下で生活しています。

 これが、私たちを結びつけるスポーツの力です。これは、連帯のメッセージ、平和のメッセージ、そして困難から立ち上がる力のメッセージです。これは、私たちのさらなる旅に希望を与えます。

 私たちが皆でここに集うことができるのは、私たちをホストいただいている日本の皆様のおかげです。心からの感謝と敬意を表したいと思います。

 組織委員会、そしてあらゆる日本の関係機関が、大変素晴らしい仕事をしてくださいました。オリンピックに出場するアスリートたちに代わり、心から感謝を申し上げます。

 10年前、皆様は、卓越した東京1964オリンピック競技大会に続いて、オリンピックの精神を再び東京に戻すための旅に漕ぎ出しました。それは、東日本大震災からの復興と、コロナウイルス感染症という、これまでにない挑戦を伴う困難な旅でした。だからこそ、私たちの感謝と皆様への称賛の気持ちは一層大きくなります。

 私たちは、この感染症を封じ込めるために尽力されている、縁の下のヒーローたち、医師や看護師、そしてすべての日本の皆様に感謝いたします。

 そして、ボランティアの皆様、あらゆる課題に直面しながらも、心から私たちを歓迎してくれた多くの皆様に深く感謝いたします。皆様は、日本の最高のアンバサダーです。ボランティアの皆様、本当にありがとうございます。

 東京2020オリンピック大会を開催できるのは、日本の皆様のおかげです。心から感謝しています。

 日本の皆様の不屈の精神は、オリンピック・アスリートの皆様にも当てはまります。

 このオリンピック・ジャーニーにおいて、皆様は、私たちと同様に、パンデミック(世界的な大流行)で大きな不確実性の中で生活をされてきました。いつまたトレーニングできるかも分かりませんでした。明日、コーチに会うことができるかどうかも分かりませんでした。チームメイトが次の大会にともに参加できるかどうかも分かりませんでした。それどころか次の大会が開催されるかどうかも全く分かりませんでした。

 皆様はもがき、耐え、決してあきらめず、そして今日、皆様は、オリンピックの夢を実現しました。

 皆様は真のオリンピック・アスリートです。

 皆様は、私たちとすべてのオリンピック・コミュニティーをインスパイア(鼓舞)しました。あなたたちのために、あなたたちのように戦うよう、私たちをインスパイアしました。

 だからこそ、私はともに力を合わせてくれた、すべての各国・地域のオリンピック委員会、国際競技団体、すべてのTOPパートナー、パートナー、放送権者に、心からの感謝を表したいと思います。

 これは私たち皆を真のコミュニティー、すなわちオリンピック・コミュニティーにしました。

 親愛なるアスリートの皆様。

 このオリンピック・コミュニティーは、今夜、そしてオリンピック競技大会期間中、皆様と共にあります。世界中から何十億もの人々が、画面に夢中になり、皆様へ熱狂と、エネルギー、声援を送ります。

 私たちのオリンピック・コミュニティーは、私たちがともに立ち上がる時にのみ、この時代の数々の大きな困難に対処できることを学びました。

 私たちが学んだことは、一層の連帯が必要だということです。社会と社会の一層の連帯、また、それぞれの社会の中の一層の連帯が必要です。

 連帯とは、単なる尊敬や差別がないこと以上のものを意味します。連帯とは、助け合い、分かち合い、思いやることを意味します。

 これは、私たちが、オリンピック・コミュニティーで行っていることです。私たちは、立ち上がり、連帯し、オリンピックを実現しました。規模の大小やお金の有る無しに関わらず、世界の各国・地域のオリンピック委員会から、またすべてのオリンピック競技から、皆様のオリンピックへの参加が実現しています。

 この連帯は、スポーツを通じて世界をより良い場所にするという私たちの使命を加速します。この連帯のおかげで、私たちは今夜共にここにいることができます。

 連帯はまた、3000年の歴史を持つオリンピックの平和へのコミットメント(深い関与)を映しています。

 連帯がなければ、平和はありません。

 連帯と平和のこのオリンピックの精神で、私たちは難民選手団を歓迎いたします。

 親愛なる難民アスリートの皆様。

 皆様の才能と人間的な精神で、皆様は難民が社会にもたらすものを示しています。皆様は、暴力、飢餓、または、周りと異なるという理由だけで故国から逃れなければなりませんでした。今日、私たちは両手を広げて皆様を歓迎し、皆様に平穏なホームを提供します。私たちのオリンピック・コミュニティーへ、ようこそ。

 このオリンピック・コミュニティーでは、私たちは皆平等です。私たちは皆、同じルールを尊重します。

 このオリンピックの経験で、私たちは、自らよりも大きな何かの一部であることに気づき、私たち自身を謙虚な姿勢にしてくれます。私たちは世界を結びつけるイベントの一部です。私たちは、多様性の中で団結することで、私たち自身の総和よりも大きくなります。私たちはいつも一緒に強くなれます。

 だからこそ、私たちは、アスリートの皆様にとても感謝しています。新しい宣誓に込められた、連帯、差別のないこと、ドーピングのないスポーツ、包摂と平等というオリンピックの価値に対してのコミットメントに対し、感謝を申し上げます。

 我々はより速くいくほかありません、より高く目指すほかありません、より強くなるほかありません。連帯して、ともに立つならば。

 これが、IOCが、オリンピックのモットーを私たちの時代に適応させた理由です。より速く、より高く、より強く、ともに。

 この一体感は、すなわち、パンデミックの暗いトンネルの終わりにある光です。

 パンデミックは私たちを分断しました。お互いに距離をとらせます。愛する人から離れることすら求めます。この分断は、このトンネルをとても暗くしました。

 しかし、今日、あなたが世界のどこにいても、私たちはこの瞬間を共に共有することで団結しています。聖火は、この光をより明るく輝かせます。

 ここで、私は天皇陛下をお招きし、第32回近代オリンピアードの東京2020オリンピック競技大会を開くことを宣言いただくことを大変光栄に思います。

 東京オリンピック大会の開会宣言をここに謹んで天皇陛下にお願い申し上げます。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230156 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 01:31:00 2021/07/24 01:31:00 東京五輪開会式 スピーチするバッハ会長(23日午後11時3分、国立競技場で)=原田拓未撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース