ニュース

立ちはだかる「なでしこキラー」ホワイト…英の背番号9は今大会好調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京オリンピックは24日、サッカー女子1次リーグE組の第2戦が行われる。日本(なでしこジャパン)は午後7時30分から札幌ドームで、イギリスと対戦する。相手のエースFWはエレン・ホワイト(32)。長年の「なでしこキラー」だ。

チリとの初戦でゴールを決めるイギリスのホワイト(背番号9)
チリとの初戦でゴールを決めるイギリスのホワイト(背番号9)

 ホワイトは21日、チリとの初戦でチームの2点を決めた。いずれも豪快なボレーシュートだった。「2点取ってチームの勝利に貢献できたのは素直にうれしい。チームの一員であることを誇りに思う」。中2日の調整中に問題が起きなければ、気を良くして日本戦を迎えるだろう。

 1メートル70の背番号9は、俊足で空いたスペースへ走り込んだり、絶妙のタイミングで相手マークから遠ざかってパスを受けたりと、相手守備を出し抜く術を心得ている。シュートの精度も高い。

 2011年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、なでしこジャパンは、イングランドのFWとして出場したホワイトに見事な先制ループシュートを沈められた。イングランド戦の0―2は、W杯優勝を飾ったなでしこが大会中に喫した唯一の黒星だ。なでしこは、東京五輪と共通する選手が多いチームで臨んだ19年W杯フランス大会でも、0―2でイングランドに敗れた。この試合の2点は、いずれもホワイトのゴールだ。

 ホワイトは所属クラブチームの遠征で来日し、日本のクラブとの対戦で得点した経験も持つ。東京五輪初戦の2ゴールといい、日本開催の試合と相性がよさそうでもある。

 なでしこの熊谷紗希(バイエルン・ミュンヘン)と岩渕真奈(アーセナル)は、ホワイトのゴールに泣かされたW杯での2試合ともに出場した。チーム一丸となって相手エースを何とか封じ、勝利をつかんで苦い記憶も一掃したい。(読売新聞オンライン)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231313 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 17:37:00 2021/07/24 18:56:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース