ニュース

「自虐」止まらぬキング・内村、「これだけやっても失敗することがある」金言残して去る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は24日、体操男子予選が行われ、種目別鉄棒に専念する内村航平(32)(ジョイカル)は演技途中で落下し、13・866点に終わった。8位以内に入れず、種目別決勝に進めなかった

体操男子予選、鉄棒で落下した内村航平(24日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影
体操男子予選、鉄棒で落下した内村航平(24日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影

 「土下座して謝りたい」。内村は個人枠の五輪切符を争った米倉英信(徳洲会)の名前を挙げて予選落ちをわびた。「(団体、個人総合とも優勝の)リオ五輪が終わって引退した方が正解だったかな」。自虐的な言葉が止まらなかった。

 4度目の五輪で出場種目を鉄棒に絞り、頂点を目指した。演技冒頭、豪快な手放し技を三つ決めたものの、中盤のひねり技で片手が外れ、背中からマットにたたきつけられた。

 痛恨の落下で挑戦は終わったが、体操界の「キング」と呼ばれ、両肩の痛みなどでどん底に沈み、再びはい上がった姿は若い選手のお手本だ。取材に応じて「僕が見せられる夢はここまで」としながらも「金言」を残していった。「これだけやってきても失敗することがある。(体操は)面白さしかない」。間違いなく、団体での五輪連覇に挑む後輩たちへ、思いは届いている。(増田剛士)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231784 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 21:51:00 2021/07/25 10:40:13 体操男子予選 鉄棒で落下し、種目別決勝に進出できなかった内村航平(24日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50173-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「体操」のニュース

オリンピック 新着ニュース