ニュース

リレーで今大会初レースの池江「楽しかったが悔しい気持ちも強い」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 <東京五輪・競泳>▽女子400メートルリレー予選(24日・東京アクアティクスセンター)

 池江璃花子が第2泳者の日本は、2組5位の3分36秒20で全体9位となり、25日の決勝進出はならなかった。チームは「決勝に残って日本記録を更新」を目標に掲げていたが、その日本記録にも100分の3秒届かなかった。

競泳女子400メートルリレー予選に出場した池江璃花子選手(右)(24日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影
競泳女子400メートルリレー予選に出場した池江璃花子選手(右)(24日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影

 レース後の池江は「(第1泳者の五十嵐千尋が)隣といい勝負をしていたので、その流れをつなぎたかったが、後半にすごく離されてしまい、悔しい」と話した。

 白血病を克服して昨夏に実戦に復帰し、「1年前は想像できなかったこと。何が何でも五輪という感じではなかった」と振り返るが、この日の予選後は「この舞台で、このメンバーで戦って楽しかったといえば楽しかったが悔しい気持ちも強い」。今大会はリレーで最大3種目に出場する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231725 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 21:36:00 2021/07/24 22:18:52 競泳女子400メートルリレーに出場した池江璃花子選手(右)(24日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50186-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース