ニュース

なでしこ高倉監督「攻撃の厚みや連係を再確認したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 英国相手に0―1で敗れ、勝ち点を伸ばせなかったサッカー女子の日本。高倉麻子監督は「難しい試合になることは分かっていた。粘り強く、何とか勝ち点1、3を取りに行くということで集中してやれていたが、一つのプレーで仕留められた」と振り返った。

英国に得点を許し、肩を落とす長谷川唯(中央)らなでしこジャパンの選手たち(24日、札幌ドームで)=松本拓也撮影
英国に得点を許し、肩を落とす長谷川唯(中央)らなでしこジャパンの選手たち(24日、札幌ドームで)=松本拓也撮影

 カナダ戦から中2日で迎え、先発を5人入れ替えた。なかなか攻めに人数をかけられなかった反省も生かし「今日は押し込まれる展開にはなったが、攻撃のところでは自分たちのやりたいような形が出てきたと思うので、その辺を前向きにとらえつつ、次の試合に向かっていきたい。攻撃の厚みや全体的なコンビネーション、シュートを打ちきるというところでもう一度、チームとして確認したい」と得点と勝利が必要とされる1次リーグ最終戦・チリ戦を見据えた。

 ただ、気がかりなのはこの日、途中出場だったエース岩渕の状態。高倉監督は「ちょっと万全というところではないが、プレーは出来る」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2231902 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/24 22:31:00 2021/07/25 00:33:32 サッカー女子。日本-英国 英国に得点を許し、肩を落とす長谷川唯(中央)らなでしこジャパンの選手たち(24日、札幌ドームで)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210724-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース