ニュース

一二三と詩、きょうだい同日「金」なるか…思い出すのは三宅兄弟?伊調姉妹?高木姉妹?

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 25日に行われる東京オリンピックの柔道で、男子66キロ級の阿部 一二三(ひふみ) (23)と女子52キロ級の (うた) (21)のきょうだいが出場、そろって金メダルが期待されている。

 異なる種目での「きょうだい同日金」は、過去の五輪でも異例だが、日本人のきょうだいが同一大会でそろってメダリストになることは意外と少なくない。

メキシコ五輪重量挙げフェザー級、金メダルを手に笑顔の三宅義信と銅メダルの義行=菅野孝一撮影
メキシコ五輪重量挙げフェザー級、金メダルを手に笑顔の三宅義信と銅メダルの義行=菅野孝一撮影

 1968年メキシコ大会の重量挙げフェザー級では、三宅義信が優勝、弟の義行が3位となり、表彰台の2つを兄弟が占めた。

 96年アトランタ大会では、柔道男子に中村3兄弟が出場。71キロ級で三男の兼三が金、次男の行成が65キロ級で銀メダルを獲得した。長男の佳央も95キロ級で7位となった。

 レスリング女子の伊調姉妹は、2004年アテネ大会、08年北京大会で姉の千春、妹馨が姉妹で出場。いずれも姉が48キロ級で銀メダル、妹は63キロ級で金メダルを獲得した。

北京五輪でメダルを獲得した伊調千春(左)と馨(右)。中央は吉田沙保里(2008年撮影)
北京五輪でメダルを獲得した伊調千春(左)と馨(右)。中央は吉田沙保里(2008年撮影)

 冬季大会では18年 平昌(ピョンチャン) 大会スピードスケート女子での高木姉妹の活躍が記憶に新しい。団体追い抜きで高木菜那、美帆の姉妹を擁する日本が優勝。個人種目でも姉の菜那がマススタートで金メダルに輝き、妹美帆は1500メートルで銀、1000メートルで銅と2人で計4種目でメダルを獲得した。

 今大会でもきょうだいで出場してメダルを狙う競技はあり、レスリング女子の川井梨紗子(26)、友香子(23)姉妹は「姉妹で金」を目指している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2232567 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 10:40:00 2021/07/25 10:40:00 メキシコ五輪・重量挙げ(フェザー級)、表彰式、金メダルを手に笑顔の三宅義信(兄)と銅メダルの三宅義行(弟)。=菅野孝一撮影。1968年10月15日掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース