ニュース

ボート女子の大石・冨田組、敗者復活戦突破し準決勝へ…軽量級ダブルスカル

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪ボート女子軽量級ダブルスカルの大石綾美(アイリスオーヤマ)、冨田 千愛 ( ちあき ) (関西電力)組は25日、敗者復活戦1組で3位に入り、準決勝に進出した。

 前日の予選レース後、大石が「勇気を持って、もう1回戦うという気持ちで挑戦できたら」と語った通り、この日もスタートで一気に飛び出し、最初の500メートルはトップの米国と僅差で通過した。中盤以降は徐々に失速し、課題に挙げていた1000~1500メートルでベラルーシに抜かれたものの、最後は準決勝進出ラインの3位を死守した。

 12位だった前回リオデジャネイロ五輪に続き、女子軽量級ダブルスカルで日本勢初の2大会連続同一ペアとして臨む大石と冨田は、悲願の決勝進出を目指して27日予定の準決勝に挑む。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2232593 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 10:57:00 2021/08/23 11:00:03

「ボート」のニュース

オリンピック 新着ニュース