ニュース

【グラフィック解析】大橋悠依「課題」と言われた平泳ぎで抜け出す

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大橋悠依の快勝だった。

 入りのバタフライは1分2秒31。予選の1分2秒07より抑えたタイムだったが、この時点で3位につけた。

 2番目の背泳ぎは1分9秒91で区間2位。通算の200メートル終了時では順位を2位に上げた。

 圧巻は3番目の平泳ぎだった。

 「課題」とも言われていたが、なんと区間1位。タイムは1分16秒41で、2018年4月に日本記録を出した時のタイムより1秒42も速く、この区間で2位のエマ・ウェヤント(米)に1秒76もの差をつけた。通算では250メートルの折り返しで首位に立ち、平泳ぎ終了時で2位に1秒99の大差をつけた。

 最後の自由形の大橋の予選タイムは1分6秒16。これは平泳ぎまでに後続に大差をつけていて全力を出さなかったためだ。今季の日本選手権では1分4秒86を出していて、大橋自身も予選後に「最後は余力がある」と話していた。今回の決勝では1分3秒45をマーク。区間順位は5位だったが、それまでの貯金が生きて、2位に0秒68差をつけて逃げ切った。(編集委員・三宅宏)

 ※「速度」の矢印をクリックすると、泳者のスピードを変えることができます。
 ※5つのグラフィックのうち1番上は累計タイム。2番目以降は泳法別タイムです。どの泳ぎで速かったかが一目で分かります。

00 : 00 . 00
OR 00 : 00 . 00
WR 00 : 00 . 00
速度
バタフライ
背泳ぎ
平泳ぎ
自由形
OR
WR
TOKYO 2020
00 : 00 : 00
バタフライ
00 : 00 : 00
背泳ぎ
00 : 00 : 00
平泳ぎ
00 : 00 : 00
自由形

(グラフィック作成:金子 愛、宮田 玄徳、大久保 達哉)

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2232733 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 12:34:00 2021/07/26 16:32:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/oohashikyouei.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース