ニュース

水谷隼・伊藤美誠組、大逆転で準決勝進出…新種目の混合ダブルス

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は25日、卓球の新種目、混合ダブルス準々決勝が行われ、水谷隼(32)(木下グループ)、伊藤美誠(20)(スターツ)組がパトリック・フランツィスカ、ペトリッサ・ゾルヤ組(独)を大接戦の末に破り、夜の準決勝に進んだ。3位決定戦があり、メダルは確定していない。

卓球混合ダブルスで接戦を制し、準決勝進出を決めた水谷隼(奥)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影
卓球混合ダブルスで接戦を制し、準決勝進出を決めた水谷隼(奥)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影

 日本男子の倉嶋洋介監督が「(メダルの)可能性が一番高い」と話すなどメダル獲得の期待が大きいが、2019年世界選手権銅メダルの強豪に大苦戦。先に3ゲームを取られた水谷、伊藤組は、第6ゲームを奪い3―3としたが、最終第7ゲームは序盤から先行を許した。最大7点差をつけられて、マッチポイントを握られる。しかし、ここから粘り抜き、16―14で逆転勝利を収めた。

 前回リオデジャネイロ大会でシングルス「銅」、団体「銀」の水谷は3個目のメダルを、伊藤は前回大会団体「銅」に続く2個目のメダルを目指している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2232739 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 12:39:00 2021/07/25 13:13:52 卓球混合ダブルス準々決勝に出場した水谷隼(右)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース