ニュース

きょうだい同日「金」に阿部一二三「歴史に名を刻めた」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

柔道男子66キロ級を制し、笑顔で金メダルを手にする阿部一二三(25日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影
柔道男子66キロ級を制し、笑顔で金メダルを手にする阿部一二三(25日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影

 25日に行われた東京五輪柔道男子66キロ級で、阿部一二三(23)(パーク24)が金メダルを獲得した。

 阿部は試合直後のインタビューで「たくさんの思いがこみ上げてきた」と話した。

 自身の決勝の前に、妹の うた が先に優勝したが「燃えた、絶対やってやると。プレッシャーなんて全然なかったです」という。

 優勝候補の一角として、追われる立場だったが、この日は4試合、危なげなく勝ちきった。「きょうは冷静に落ち着いて自分の柔道ができた。一本を取りに行く柔道ができた。ワンチャンスをものにするしかないと思って戦い、きょうはものにできたのかなと思う」とした。

 詩との同日金メダルについては「歴史に名を刻めた」と胸を張り、「大変な時期にオリンピックを開催してもらい、僕たち選手はありがたかった。これからもオリンピックチャンピオンという名に恥じないよう、頑張っていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2233443 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 20:00:00 2021/07/25 20:30:12 柔道男子66キロ級の金メダルを手に、笑顔を見せる阿部一二三(25日午後8時12分、日本武道館で)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50106-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース