ニュース

伊藤美誠「本当にやりたい放題」「何でも入るかなと思った」…水谷隼「最高としか言えない」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球混合ダブルス準決勝で、得点して喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影
卓球混合ダブルス準決勝で、得点して喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影

 25日に行われた東京五輪の新種目、卓球混合ダブルス準決勝で、水谷隼(32)(木下グループ)、伊藤美誠(20)(スターツ)組が台湾を4―1で下し決勝に進出。銀メダル以上が確定した。

 今大会はシングルスでの出場がない水谷は「最高としか言えない」と感慨もひとしおのようだった。

 シングルスでは世界ランキングで及ばず、代表入りできなかった水谷だが、団体戦と混合ダブルス要員として、代表に選出された。水谷は「僕は推薦でミックスダブルスに選んでいただいた。そのとき、『僕を選んだことを後悔させない』とSNSで言った。それを達成できてよかった」と話した。

 一方の伊藤は「すごく楽しかった。本当にやりたい放題にやって、自分たちらしいプレーができた。本当に楽しかったです」と笑顔がはじけた。

 「自分の足もすごく動いていた。感覚もすごく良かった。何でも入るかなと思った。水谷選手がしっかりコースを突いてくれて、相手選手に100%の力で打たせないということができた」と胸を張った。

 26日の決勝は中国の許●、劉詩●組。水谷が「この勢いのまま決勝も戦いたい」と言えば、伊藤は「久しぶりの対戦ですごく楽しみ。まだ1回も勝ったことがないので思い切って、楽しんで勝ちたい」と、自信満々に話した。 

 (最初の●は日の右に斤、2番目の●は雨の下に文)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2233825 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/25 22:32:00 2021/07/26 06:50:34 卓球混合ダブルス準決勝で、得点を喜ぶ伊藤美誠(左)、水谷隼組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース