ニュース

LAに4LDKの家購入、アメリカン・ドリーム実現していた堀米雄斗「もっと大きい家を買いたい」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の新競技・スケートボード男子ストリートで25日、競技会場のある東京都江東区出身の堀米雄斗選手(22)(XFLAG)が金メダルを獲得した。地元の公園で技を磨き、渡米してプロになった「下町スケーター」が、故郷に錦を飾った。(森田啓文)

ボードを手に駆け出す堀米雄斗選手(25日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影
ボードを手に駆け出す堀米雄斗選手(25日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影

 「世界で一番うまいスケーターになる。もっと練習するため、本場のアメリカに行く」。小学6年の時、作文に書いた夢だ。この頃から、「スケートパーク付きの豪邸を建てたい」と周囲に語っていた。

 スケートボードをしていたタクシー運転手の父、亮太さん(46)に連れられ、物心つく前から公園でスケボーに乗っていた。小学生の時から海外の大会に参戦。亮太さんは休みなく働き、運転手仲間から洗車を請け負って遠征費を稼いだ。

 2016年、17歳で米国に拠点を移すと、プロリーグで優勝を重ねた。その演技は「エフォートレス(力みがない)」と評され、高難度の技を軽々とやってのける姿が人気を呼んでいる。昨秋にはロサンゼルスに練習場付き4LDKの家を購入し、「アメリカン・ドリーム」を実現した。

 地元で受けた父の指導を大切にしている。海外選手の映像を見て研究するのは良いが、まねをしている限り勝てない。「世界で成功するには、独創性が欠かせない」(亮太さん)

 日本に 凱旋がいせん して迎えたこの日の試合でも、「金」を引き寄せたのは、初披露の新技だった。決勝では中盤まで4位だったが、一発技を競う3回目の試技で温めていた新技を成功させ、ガッツポーズ。続く4、5回目も技を決めて逆転した。

 「江東区で生まれたので、ここで金メダルを取れてうれしい」。試合後、地元への思いをそう語り、「アメリカでもっと大きい家を買うこと」と今後の目標を明かした。亮太さんは「自分の子とは思えない」と謙遜しつつ、「支えてくれた皆さんに感謝しています」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2234041 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/26 00:22:00 2021/07/26 14:40:13 スケートボード男子ストリートを制した堀米雄斗(25日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210725-OYT1I50140-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケートボード」のニュース

オリンピック 新着ニュース