ニュース

転倒し足を引きずる場面も…「金」期待のスケボー西村碧莉、予選後半できっちり高得点

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スケートボード女子ストリート予選で演技する西村碧莉(26日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影
スケートボード女子ストリート予選で演技する西村碧莉(26日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影

 東京五輪は26日、新競技のスケートボード女子ストリート予選が始まった。6月の世界選手権覇者で、金メダルが期待される西村 碧莉あおり (19)(木下グループ)は、予選で12・82点をマーク。前半の10人が終了した時点で、暫定2位につけている。残りは10人。決勝には上位8人が進める。

 45秒間、自由に演技する「ラン」ではまずまずだったが、一発の技を競う5回の「ベストトリック(BT)」は3回連続失敗で得点なし。3回目のBTでは転倒し、足を引きずる場面も見られた。

 ただ、失敗が許されない4、5回目はいずれも3点台と成功。3・84点の高得点を出した5回目のBT後には、ホッとした表情を見せ、小さくガッツポーズも飛び出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2234586 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/26 10:17:00 2021/07/26 10:23:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケートボード」のニュース

オリンピック 新着ニュース