ニュース

水谷・伊藤組、「金」懸け中国ペアと今夜決戦…新種目の卓球混合ダブルス

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪第4日の26日、バドミントン混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がインドネシアペアを下し、1次リーグ3連勝とした。男子ダブルスの嘉村健士、園田啓悟組(トナミ運輸)も米国ペアを破って2連勝。トライアスロン男子の日本勢はニナー賢治(NTT東日本・NTT西日本)が14位、小田倉真(三井住友海上)は19位だった。ラグビー男子は1次リーグ初戦で、リオデジャネイロ五輪金メダルのフィジーに競り負けた。

卓球混合ダブルス準決勝で、得点して喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影
卓球混合ダブルス準決勝で、得点して喜ぶ水谷隼(右)、伊藤美誠組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影

 卓球混合ダブルスの水谷隼(木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)組は26日夜、金メダルを懸けて中国ペアと対戦。体操の男子団体総合の日本は連覇を目指す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2235252 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/26 12:50:00 2021/07/26 12:54:42 卓球混合ダブルス準決勝で、得点を喜ぶ伊藤美誠(左)、水谷隼組(25日、東京体育館で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース