ニュース

柔道男子73キロ級の大野将平が金メダル、五輪連覇を達成…男子日本勢は3階級すべて制覇

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は26日、柔道男子73キロ級が行われ、大野将平(29)(旭化成)が決勝で、2012年ロンドン大会の金メダリスト、ラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)を延長の末に支え釣り込み足で技ありを奪って下し、2大会連続で金メダルを獲得した。柔道日本勢の連覇は、史上7人目。男子では4人目。今大会の柔道男子日本勢は、ここまでの3階級すべてを制している。女子は金、銀、銅各1。

柔道男子73キロ級決勝でジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ(右)を破って金メダルを獲得した大野将平(26日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影
柔道男子73キロ級決勝でジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ(右)を破って金メダルを獲得した大野将平(26日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影

 大野は、準々決勝で前回リオデジャネイロ大会の決勝で下したルスタム・オルジョフ(アゼルバイジャン)に一本勝ち。準決勝は延長にもつれ込んだが危なげなく勝利していた。

 大野は世界選手権を3度制するなどし、金メダル候補の筆頭に名前が挙がっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2235962 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/26 18:36:00 2021/07/26 19:59:02 柔道男子73キロ級決勝 ジョージアのラシャ・シャフダトゥアシビリ(下)を破って金メダルを獲得した大野将平(26日午後7時34分、日本武道館で)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース