ニュース

渡辺・東野組 3連勝で突破…バドミントン

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 各種目の1次リーグが行われ、男子ダブルスC組の嘉村健士、園田啓悟組(トナミ運輸)は米国ペアを破り、2連勝で準々決勝進出。既に8強入りを決めていた混合ダブルスC組の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)はインドネシアペアに勝ち3戦全勝。試合のなかった男子ダブルスB組の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)、女子ダブルスA組の福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)、同B組の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は、各組2位以上が確定して8強入りした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237137 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 05:00:00 2021/07/27 05:00:00

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース