ニュース

トライアスロン女子、高橋侑子18位…岸本新菜は途中棄権

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のトライアスロン女子は27日、お台場海浜公園で行われ、高橋侑子(29)(富士通)は2時間1分18秒で18位だった。岸本新菜(25)(福井県スポーツ協会・稲毛インター)は途中棄権した。優勝は最後のランで抜け出し独走したフロラ・ダフィ(バミューダ諸島)で1時間55分36秒。

 トライアスロンは、1・5キロを泳ぐ「スイム」、40キロを自転車で走る「バイク」、10キロを走る「ラン」を1人で行う競技。レースは午前6時45分にスタート。台風接近による風雨の中、選手らは一斉に海に飛び込んだ。

 高橋はバイクに入った際には先頭から45秒遅れの9位。バイクでは集団を形成して走り、最後のランには先頭の4人から1分2秒遅れの8位で入った。

 ただ、最初の2・5キロで14位と順位を落とすと、その後も盛り返せず、トップと5分42秒遅れの18位でゴールした。

 岸本は32位でバイクに入ったが、途中で棄権した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237462 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 09:08:00 2021/07/27 09:08:00

「トライアスロン」のニュース

オリンピック 新着ニュース