ニュース

ハンドボール女子が45年ぶり勝利、モンテネグロを破る…一時は3人退場のピンチも

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は27日、ハンドボール女子1次リーグが行われ、1976年モントリオール大会以来の出場となったA組の日本は、モンテネグロに29―26(前半14―13)で勝ち、45年ぶりの勝利を挙げた。「おりひめジャパン」との愛称がある日本女子代表は、1次リーグ初戦はオランダに21―32で敗れていて、1勝1敗とした。

ハンドボール女子1次リーグ、モンテネグロ戦でシュートを放つ石立真悠子(27日、国立代々木競技場で)=関口寛人撮影
ハンドボール女子1次リーグ、モンテネグロ戦でシュートを放つ石立真悠子(27日、国立代々木競技場で)=関口寛人撮影

 世界ランキング14位の日本は4点をリードした後半途中、一時は3人が退場するピンチもあったが、世界ランキングでは格下のモンテネグロを振り切った。

 日本は45年前は、1勝4敗。初の2勝目を目指し、29日の韓国戦に臨む。

 日本は、2019年の世界選手権では、参加チームが24となった1997年以降最高の10位となっていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237575 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 10:38:00 2021/07/27 10:41:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ハンドボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース