ニュース

「今まで生きてきた中で一番幸せ」の名言問われ…西矢椛「今のところは一番いい思い出です」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

金メダルを手に笑顔を見せる西矢椛(27日午前、東京都内で)=代表撮影
金メダルを手に笑顔を見せる西矢椛(27日午前、東京都内で)=代表撮影
銅メダルを手にする中山楓奈(27日午前、東京都内で)=代表撮影
銅メダルを手にする中山楓奈(27日午前、東京都内で)=代表撮影

 東京五輪のスケートボード女子ストリートで、日本勢史上最年少の13歳で金メダルに輝いた西矢 もみじ (ムラサキスポーツ)と、銅メダルを獲得した16歳の中山 楓奈ふうな (同)が27日、東京都内で記者会見し、西矢は「うれしすぎて涙が込み上げてきた」と優勝が決まった瞬間を振り返った。

 1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを14歳で制した岩崎恭子さんは当時、「今まで生きてきた中で一番幸せ」と名言を残した。これについて問われた西矢は「今のところは一番いい思い出です」。中山は、ご褒美として「漫画を買ってもらいたい」と語った。10代でのメダル獲得が注目されているが、2人とも「スケートボードに年齢はあまり関係ないと思う」と淡々としていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237642 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 11:01:00 2021/07/27 14:46:03 <東京五輪メダリスト記者会見> 金メダルを手に笑顔の西矢椛(代表撮影)=27日、東京都内の記者会見場 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース