ニュース

アーチェリー男子団体、初メダルに河田「興奮して寝付きよくなかった」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アーチェリー男子団体の古川高晴(近大職)、河田悠希(エディオン)、武藤弘樹(トヨタ自動車)の3人が27日、東京都内で記者会見に臨み、銅メダル獲得から一夜明けた心境を語った。

 日本男子団体でのメダル獲得は初めて。河田は「今でも夢のよう。メダルを取った瞬間から興奮していて、夜も寝付きがよくなかった」と快挙に声を弾ませた。3番手として安定感を発揮した武藤は「(無観客開催でも)SNSやメールで、応援してくださった方々のおかげで取れたメダル。応援の力をすごく感じた」と感謝の思いを口にした。

 3人は今後、個人戦を控える。5度目の五輪で、ロンドン大会個人銀メダリストの古川は、「結果を出し続けて、もっとアーチェリーの魅力を伝えていくことが、(競技の)普及につながる」と意欲を燃やした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2237955 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 12:52:00 2021/08/25 13:00:03

「アーチェリー」のニュース

オリンピック 新着ニュース