ニュース

初出場 高橋18位…トライアスロン

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女子はいずれも五輪初出場の高橋侑子(富士通)が2時間1分18秒で18位、岸本新菜(福井県スポーツ協会・稲毛インター)は途中棄権した。優勝は1時間55分36秒のフロラ・ダフィ(バミューダ諸島)。バミューダ諸島選手の五輪金メダルは夏冬を通じて初めて。

■ランで失速

 ランに入る時点で8位だった高橋は最後に失速。「まだ走力が足りていない」と語っていた通り粘りきれなかった。ただ、バイクではぬれた路面の影響で転倒する選手もいる中、第2集団をキープ。種目のつなぎ目「トランジション」のたびに順位を上げ、レース運びの巧みさも見せた。前回五輪は代表から漏れ、海外に拠点を移して修業。自ら「タフになった」という成長の一端は大舞台で示した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2238395 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 15:00:00 2021/07/27 15:00:00

「トライアスロン」のニュース

オリンピック 新着ニュース