ニュース

飛び込み女子の荒井・板橋組が惜しくも6位、最終試技でメダル圏外に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

女子シンクロ高飛び込み 荒井祭里、板橋美波組(27日、東京アクアティクスセンターで)原田拓未撮影
女子シンクロ高飛び込み 荒井祭里、板橋美波組(27日、東京アクアティクスセンターで)原田拓未撮影

 東京五輪は27日、飛び込みの女子シンクロ高飛び込み決勝が行われ、荒井 祭里まつり (20)(JSS宝塚)、板橋美波(21)(同)組が291・42点で6位だった。

 5回の試技のうち、4回目で71・10点の高得点を出し、順位を3位に上げたが、難易度の高い5回目の試技で得点を伸ばせなかった。

 過去の五輪で、飛び込みの日本勢はメダルを獲得していない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2238916 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/27 16:02:00 2021/07/27 19:50:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50199-T.jpg?type=thumbnail

「飛び込み」のニュース

オリンピック 新着ニュース