ニュース

侍 開幕は山本 きょうドミニカ共和国戦…野球

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

福島で前日練習

 日本代表「侍ジャパン」は27日、翌28日に行われるドミニカ共和国との五輪1次リーグ初戦に向け、福島県営あづま球場で公式練習を行った。断続的に降る雨により、室内での打撃練習となったものの、晴れ間を見つけてグラウンドでノックを行い、人工芝での打球の跳ね方などを確かめた。

 両チームの先発投手は日本が山本(オリックス)、ドミニカ共和国がメルセデス(巨人)。ドミニカ共和国の監督とともに記者会見に臨んだ日本の稲葉監督は初戦を託した山本に、「今年の成績もそうだし、どの球種も非常に強い球を持っている」と期待を寄せた。

 山本は前半戦で、勝利数(9勝)、防御率(1・82)、奪三振数(121)などパ・リーグ1位の成績を残している。

 山本はブルペンで、カットボールやフォーク、スライダーなどの変化球を交えて20球を投げた。レギュラーシーズンと同じように登板前日の投球練習をこなし、「いい準備をできているので、不安を残すことなく試合を迎えられる」。グラウンドのマウンドにも実際に立ち、翌日に備えた。

 野手の中心選手として期待される坂本(巨人)は「グラウンドの感じも見られたし、いい練習ができた。明日になれば、緊張感が出てくるのではないか」と明るい表情で話していた。

◇…五輪での主なルール…◇

▽選手登録枠は24人

▽指名打者制

▽投球間隔は20秒以内(走者なしの場合)

▽タイブレイク制。延長十回以降は無死一、二塁から

▽監督がリプレー映像による判定の検証を要求できる

▽5回以降15点差、7回以降10点差でコールド(決勝と3位決定戦を除く)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240109 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 05:00:00 2021/07/28 05:00:00
続きを読む

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース