ニュース

男子200mバタフライ、19歳の本多灯が銀メダル

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

競泳男子200メートルバタフライ、力強い泳ぎで銀メダルを獲得した本多灯(28日)=上甲鉄撮影
競泳男子200メートルバタフライ、力強い泳ぎで銀メダルを獲得した本多灯(28日)=上甲鉄撮影

 東京五輪の競泳は28日、東京アクアティクスセンターで男子200メートルバタフライ決勝が行われ、初出場の本多 (ともる) (19)(ATSC・YW)が1分53秒73で銀メダルを獲得した。今大会の日本の競泳男子では初のメダル。

 日本勢がこの種目でメダルを獲得するのは、2004年アテネ大会から5大会連続。

 本多は日大の2年生。4月の日本選手権で日本記録保持者の瀬戸大也(27)(TEAM DAIYA)を破って優勝、代表内定を決めていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240728 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 10:58:00 2021/07/28 15:29:33 競泳男子バタフライ200メートル決勝、銀メダルを獲得した本多灯(28日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース