ニュース

パリ五輪で外れるソフトボール、山田主将「復活できるように盛り上げたい」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3大会ぶりに実施されたソフトボールで、13年ぶりに金メダルを獲得した日本代表が28日、東京都内で記者会見し、宇津木麗華監督(58)は「本当に最高の人生。選手の皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」と声を弾ませた。

連覇から一夜明けた記者会見の記念撮影で、笑顔を見せる上野由岐子選手(前列中央)らソフトボール日本代表(28日午前、東京都内で)=代表撮影
連覇から一夜明けた記者会見の記念撮影で、笑顔を見せる上野由岐子選手(前列中央)らソフトボール日本代表(28日午前、東京都内で)=代表撮影

 決勝から一夜明け、主将の山田恵里外野手(37)(デンソー)は「大会を迎えるまで、苦しい、つらい思いの方が大きかったが、乗り越えたからこそこういう結果になったと思う」と喜びをかみしめた。

 3度目の五輪となったエースの上野由岐子投手(39)(ビックカメラ高崎)は「最後の最後まで一球一球に思いを込めて投げることができた」と振り返り、今後については「長く投げ続けたいという思いはあるが、はっきりとは考えていない」と語った。

 ソフトボールは2024年パリ五輪で、再び実施種目から外れる。山田主将は「次の次の五輪で復活できるように、ソフトボール界をもっともっと盛り上げていきたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240920 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 12:09:00 2021/07/28 12:56:42 写真説明 :<東京五輪メダリスト記者会見>一夜明け会見を終え記念撮影するソフトボールの上野由岐子(前列中央)ら(代表撮影)=28日、東京都内の選手団会見場 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース