ニュース

柔道男子90キロ級で向翔一郎が3回戦敗退、日本男子の5階級連続制覇ならず

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

柔道男子90キロ級、3回戦でハンガリーのクリスティアン・トート(右)に敗れた向翔一郎(28日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影
柔道男子90キロ級、3回戦でハンガリーのクリスティアン・トート(右)に敗れた向翔一郎(28日、日本武道館で)=竹田津敦史撮影

 東京五輪は28日、柔道男子90キロ級が行われ、 むかい 翔一郎(25)(ALSOK)が3回戦で、世界選手権で2度メダリストになっているクリスティアン・トート(ハンガリー)に延長の末に大内刈りで一本負け。初出場でのメダル獲得を逃した。今大会の日本男子5階級連続金メダルもならなかった。

 日本男子がこの階級でメダルを逃すのは、2008年北京大会以来3大会ぶり。前回リオデジャネイロ大会ではベイカー茉秋が優勝、12年ロンドン大会では西山将士が3位になっていた。

 向は初戦の2回戦は、レミ・フェイレット(モーリシャス)から技ありを2度奪い、一本勝ちしていた。

 向は、世界選手権は19年大会で銀メダルを獲得していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2241258 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 14:16:00 2021/07/28 18:45:02 柔道男子90キロ級、3回戦でハンガリーのクリスティアン・トート(右)に敗れた向翔一郎(28日午後2時10分、日本武道館で)=竹田津敦史撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース