ニュース

2番手以降レベル落ちた相手投手陣、「侍」も継投に課題…鹿取義隆の侍解説

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本 4-3 ドミニカ共和国

 ドミニカ共和国の投手陣は、先発メルセデスの内容が素晴らしかった。ところが、2番手以降はだんだんレベルが落ちていった。投手の出来で試合は変わるということだ。前半の膠着状態から、後半は大きく試合が動いた。

ドミニカ共和国の緩慢な走塁がドラマの幕開け

9回1死満塁、サヨナラ打を放った坂本勇人〈6〉に駆け寄って喜ぶ侍ジャパンの選手たち(28日、福島県営あづま球場で)=冨田大介撮影
9回1死満塁、サヨナラ打を放った坂本勇人〈6〉に駆け寄って喜ぶ侍ジャパンの選手たち(28日、福島県営あづま球場で)=冨田大介撮影

 日本の先発・山本は、初回こそ重圧を背負ってのマウンドだったが、しり上がりに調子を上げた。次はどこまで球数を伸ばせるか。2番手の青柳は制球に苦しみ、シーズン中の出来ではなかった。ドミニカ打線は、6番以降にすべてスイッチヒッターを並べていた。変則派右腕の青柳か、左腕の岩崎か――。青柳の方が左打者に有効、とのベンチ判断だったのだろうが、やはり継投は難しい。

 日本の最終回のサヨナラ劇は、相手投手が内野ゴロで一塁ベースカバーを怠るミスから始まった。甲斐のスクイズの際には、打球を処理した一塁手が確実にアウトを取りにいかず、間に合わない本塁へ送球して傷口を広げた。

 このほかにも、ドミニカ共和国には、九回のタイムリー二塁打で一塁走者が本塁に戻ってこなかったりと、細かい「ミス」が目立った。日本としては、ここで2点差になるか3点差にされるかが、大きな分かれ目になった。短期決戦では、こうした綻びが勝敗につながるものだ。

坂本にきょう一番甘い球がきた

 日本の打線では、九回に代打でヒットを放ってつないだ近藤の存在が大きかった。そこまでの戦況を、ベンチでしっかり見ていたからこその打席だった。

 そして、坂本のサヨナラ打。初球を待ってました、という一振りだった。きょうの試合を通じて、あれが一番甘い球だった。劇的だった。

 苦しんだ日本だが、結果が出なかった投手も野手も、勝ったということが最高の「疲労回復剤」となる。投手のローテーション面からも、初戦の勝ちは大きい。次は慣れた横浜スタジアム。苦しんだ分、本来の日本の野球が出せると思う。(読売新聞スポーツアドバイザー)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2241750 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 16:26:00 2021/07/28 17:37:52 野球1次リーグ・日本対ドミニカ共和国 9回1死満塁、サヨナラ安打を放った坂本勇人(中央)に駆け寄って喜ぶ侍ジャパンの選手たち(28日、福島県営あづま球場で)=冨田大介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50143-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース