ニュース

五輪開会式、弁当4000食が無駄に…組織委「忙しくて食べなかったスタッフいた」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は28日、各会場のスタッフ向けの食事で「食品ロス」があったと明らかにした。23日に東京・国立競技場で行われた開会式では約1万人分の弁当が用意され、そのうち約4000食が無駄になったほか、他の会場でも2~3割のロスがあったという。

東京五輪開会式
東京五輪開会式

 組織委は「開会式は特にスタッフが多く、注文量も増えた。業務で忙しく、食べなかったスタッフもいた」と説明。会場ごとの適正な注文数を再精査し、改善を図ったという。組織委は余った食事は飼料などに再利用したとしている。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2242694 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 21:39:00 2021/07/28 21:39:00 東京五輪開会式 フィナーレで打ち上げられた花火に彩られた国立競技場(23日午後11時49分)=若杉和希撮影東京五輪の開会式で聖火台に火がともり、フィナーレの花火に彩られた国立競技場(23日午後11時49分)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50185-T.jpg?type=thumbnail

「組織委」のニュース

オリンピック 新着ニュース