ニュース

先制ゴールの久保「連係・連動、最後たまたま自分が決めているだけ」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

27分、先制ゴールを決める久保建英(右)(28日、横浜国際総合競技場で)=飯島啓太撮影
27分、先制ゴールを決める久保建英(右)(28日、横浜国際総合競技場で)=飯島啓太撮影

 東京五輪のサッカー男子1次リーグで、フランス相手に4―0で勝利した日本。勢いづけたのは久保(レアル・マドリード)の27分の先制ゴールだ。

 上田のシュートをGKがはじいたところをきっちり左足でけりこんだ。「チームとして、しっかりした守備からカウンターを狙おうという話をしているなかで、いい感じの縦パスを田中選手がくれた。上田選手へのパスが短くなってしまったが、(上田がシュートするのを予想し)こぼれを狙ってつめていた」という。

 これで3試合連続ゴールだ。「連係・連動というところで最後、たまたま自分が決めているだけだと思う」と分析したが、その前段階で周囲の動きを把握したり、自分の動きを知ってもらうために、積極的にコミュニケーションを図っているようだ。

 「(1次リーグを)勝ち点9で終わることが出来て、非常にうれしい気持ちがあるが、勝負は何が起こるか分からない。まずは3日後の試合に向けて照準を合わせ、しっかり1試合1試合勝っていきたい」と気を引き締めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2243116 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/28 23:39:00 2021/07/29 00:02:42 東京五輪・サッカー男子・フランス対日本・前半、先制シュートを決める久保建英(28日午後8時56分、横浜国際総合競技場で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50223-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「サッカー」のニュース

オリンピック 新着ニュース