ニュース

橋本「金」…体操総合 日本勢3連覇

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大橋メドレー2冠

新井「金」 柔道70キロ

バド桃田敗退

体操男子個人総合決勝、歓喜の表情を見せる橋本大輝(28日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影
体操男子個人総合決勝、歓喜の表情を見せる橋本大輝(28日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影

 東京五輪は第6日の28日、体操男子個人総合で橋本大輝(19)(順大)が日本最年少の金メダルに輝き、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ大会と連覇した内村航平(32)に続いた。得点は88・465。日本の体操のメダルは通算100個に達した。競泳女子200メートル個人メドレーは、大橋悠依(25)(イトマン東進)が2分8秒52で優勝し、400メートル個人メドレーと合わせて「2冠」を達成した。

競泳女子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依(28日、東京アクアティクスセンターで)
競泳女子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依(28日、東京アクアティクスセンターで)
柔道女子70キロ級を制し、金メダルを手に笑顔の新井千鶴(28日、日本武道館で)
柔道女子70キロ級を制し、金メダルを手に笑顔の新井千鶴(28日、日本武道館で)

 日本の女子選手で、夏季1大会複数金メダルは初めて。競泳の個人2冠は04年アテネ、08年北京の両大会で男子平泳ぎの2種目を制した北島康介に続き2人目。柔道女子70キロ級の新井千鶴(27)(三井住友海上)が初優勝を果たした。野球は日本がドミニカ共和国に4―3で勝って白星発進。バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(26)(NTT東日本)は1次リーグで敗退した。日本の今大会の金メダルは13個となり、リオ大会の12個を上回った。

 優勝が決まり、橋本が拳を突き上げた。「人生で本当にうれしい瞬間って(感情を言葉で)表せないな」。伸び盛りの19歳が、2大会を制した内村航平に続く「体操ニッポン」の個人総合3連覇を実現した。

 首位に0・467点差の暫定3位で最終種目の鉄棒に臨み、高難度の手放し技を連発すると、フィニッシュの後方伸身2回宙返り2回ひねりをまとめ、逆転で金メダルに輝いた。

 体操選手としては大柄な1メートル66で手足が長く、他選手と同じ技でも見栄えがする。恵まれた体形と確かな基本技術が減点の少ない演技を生み出した。

 千葉県出身。6歳の時、2人の兄の影響で地域の体操クラブに通い始めた。練習場所は廃校の体育館で、設備も十分に整っておらず、難しくて危険な技に挑戦させてもらえない。徹底的に倒立、あん馬の旋回などの基本技術をたたき込まれた。これが奏功した。

 名門の千葉・市船橋高に進むと、基本が固まっているから次々に技を覚える。同校の大竹秀一監督(43)は「乾いた砂が水を吸収するようだった」。さらに、難しい技への憧れが貪欲な姿勢を育てた。同校の神田真司総監督(62)も笑う。「あきれるぐらいの負けず嫌い。できない技があると成功するまで帰らない。こっちはずっと待たされた」

 内村は19歳だった08年北京大会の個人総合銀で「五輪デビュー」を果たした。後継者となった橋本は、同じ年齢で一段高い場所から歩き始める。「変わらぬ努力で毎日、頑張りたい」。期待は、いやが上にも膨らむ。(増田剛士)

  大橋悠依の話 「女子2冠は初めてなのですごくうれしい。『何も後悔はない』と言えるように泳ごうと思った。夢みたいで実感はないが、大舞台で自分の泳ぎができたのは自信になる」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2243340 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 05:00:00 2021/07/29 05:00:00 体操男子個人総合決勝で金メダルを獲得した橋本大輝。鉄棒の演技を終え、歓喜の表情を見せる(28日、有明体操競技場で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース